母という病


「母という病」読了。

母と子の関係を考えさせられる本。

重すぎる程に重い内容で進んでいくが、ラストではどう向き合って行くべきか、きちんと記されている。

自分の子育ては間違っていない。

我が子は良い子だ。

きちんとやっているのに子供が応えてくれない。。。

愛情たっぷりに育てたのに。。。

母親とうまくいっていない。

絶縁している。

『母』と『子』と言う名の付く全てのお方に読んでほしい一冊。

これから「父という病」を読もうと思います。


【送料無料】母という病 [ 岡田尊司 ]

【送料無料】母という病 [ 岡田尊司 ]
価格:1,512円(税込、送料込)